100人のデザイナー インタビュー

我が家はイトーヨーカドーのネットスーパーをフル活用しています。
共働きの我が家において、スーパーでお買い物する時間すらなかなか確保できないんです。
そんな家庭は多いのではないでしょうか。
私たちは、だから、イトーヨーカドーのネットスーパーにはつぶれてほしくない。
やたら過剰なサービスを提供したり、送料をタダにしたり、そんなことは求めていません。
私たちは、モノに等価の金銭を支払う用意があります。
誰も、相手が苦しんでもかまわないから良いモノを安く売れ、なんて思ってません。
ようやく送料を有料にしてくれました。
どんどんそうして欲しい。
注文した商品がなかったからといって、それよりも高い商品を代わりに持ってこなくても良いです。
そんなくだらないところに損失を支払うなら、そのお金をシステムの充実に使ってください。
とりあえず謝ってくれれば私たちは良いんですよ。
とにかく、私たちは対価はきっちり支払うから、ずっと続けてほしい、そう思っています。

昨今の過当競争で自分たちの首を絞めている企業やフリーランサーを見ると、とても悲しくなります。
誰がそんなものを求めているのか?

ビジネスマッチング業界においても、クラウドサービスが隆盛するなかで、イトーヨーカドーと同じように、過度な過当競争に不用意に飛び込むクリエイターが増え、優秀なクリエイターが疲弊し、発注する側も品質の悪いクリエイティブを提供されて失敗するという事例が増えています。

私たちはそろそろ気づかなければならない。
モノにはそれと等価の対価を支払うべきだし、そういう社会があるから私たちは長く良いサービスを受けられるのだということに。
 
 
そんな中、以前ご紹介した、100人のデザイナー(https://100pamphlet.jp)が、デザイナーにフォーカスしたインタビューサイトをリリースしました。

100人のデザイナー インタビュー
http://100design.jp
100人のインタビュー

ここにはデザイナーたちの仕事に対する信念や情熱が書かれています。どれだけ真剣に仕事に向かい合っているのかを、丁寧に答えるクリエイターたちがいます。

こういうクリエイターが過当競争に巻き込まれ、沈むような社会はおかしいし、そんな社会にしたくないという思いが、このサイトから感じることができ、
今後のこのサイトの行方を期待しながら見ていきたいと思います。

コーポレートサイトリニューアルしました。

このたび海座のコーポレートサイトリニューアルをしました。

http://kaiza.jp

海座コーポレートサイト

あっちでもご案内していますが、そろそろ良い歳なので自社と他社の違いを明確に打ち出していこうという考えから、
自社のサービスをまんべんなく紹介することをやめ、自社の強みであるWordPress事業のみにフォーカスを置いたサイトとして刷新しております。

これからも海座をよろしくお願いいたします。

パンフレットの表紙だけ変えたいニーズって、あるよね。

パンフレットの制作会社って全国にあまたありますが、
パンフレットのデザイン制作サービスで、これは面白い!と思ったものがあったので、ご紹介。
 
会社のパンフレットって、採用パンフレットのように中身を毎年全面変えなければならないものもあれば、会社案内のように中身はそうそう変わらないものもあります。
全面リニューアルの場合は普通にパンフレット制作会社に依頼すればやってくれますが、問題は、中身は変わらないけど全部去年と同じなのもちょっとなぁ・・・、というケースです。
そういうとき、「表紙だけ変えられないかなー」なんて思ったことありませんか?
実は私はあります。

=======
中面は去年頑張って良いモノができた。
だから今年もこれをそのまま使いたい。
でも、去年と一緒のパンフレットじゃあ、それはそれで体面が悪い。
・・・
表紙だけ変えられないかな!?
・・・
=======

パンフレットの制作会社さん何社かに問い合わせたところ、ほとんどが
「表紙だけ変えるなんて、弊社ではやっておりません」
という回答でした。

想像するに、
・表紙だけなんて、儲からない
・中面とのバランスを考えたら、表紙だけ変えるなんて、考えられない
といった理由なんだと思います。

だから仕方なく、原稿はそのままでデザイン全面リニューアルしました。。。。
当然、それだけ余分に予算がかかりました。

中身去年とほぼ同じなんすよ。
それなのに、全面リニューアルの費用がかかる。これって毎年だよね。
この費用、別なものに使いたいよね。

 
 
そんな要望に応えてくれるサービス。ありました。

表紙屋.com

とにかく簡単で、現代にあったやり方だなーと感心しました。

1.スマホで今のパンフレットの写真を撮る
2.サイトにアップする

終わり。

これだけで、今のパンフレットよりも「ぶっちぎり」(サイトから引用)に良い表紙をデザインしてくれるんだそうな。
しかも3案!ときてる。

使ってみたいサービスです。

子どもが描いたイラストを、すてきなTシャツに。クレヨンパラダイス

うちにも2歳の子どもがいますが、子どもが作るものはどんなへんちくりんなものであれ、親にとっては愛情のこもったすてきなプレゼントになります。
だから子どもが描いた絵を記念に残している親御さんも多いのではないでしょうか。

そこでこんなサービスをご紹介。

子どもが描いたイラストを刺繍してすてきなTシャツにしてくれるサービス。
クレヨンパラダイス
クレヨンパラダイス

クレヨンパラダイスでは、スマホで撮ったイラストをサイト上で送ると、200色以上のカラフルな糸からイラストに近い色を選び、刺繍してアート性豊かなTシャツに仕上げてくれるようです。
スマホで撮ってすぐに注文できる手軽さもありがたいですね。
うちの子はまだマルを描いて大喜びしているレベルなのでもう少し「絵」らしくなってからかもしれませんが、利用してみたいサービスの一つです。

クレヨンパラダイス
http://www.crayonparadise.com/

パンフレットデザイン.jp

会社案内やイベント、採用などのパンフレットを作るとき、パンフレットデザイン会社に制作を依頼する企業は多いと思います。
ところが、デザインというのは難しいもので、その場その場で求められるものが変わってきます。パンフレットなどはその典型です。
もちろん、デザイン会社もプロですから、ヒアリングの中からふさわしいデザインを考えてくれます。
しかし、デザイン会社は自信を持って提案したデザインでも、結局そのデザインを採用するかしないかは、依頼する側の企業担当者や責任者の好き嫌いにすべて依存するんですよね。

せっかく良いものができたのに採用できなかったときの哀しさは、依頼する側される側同じです。
そんな不幸な事が起こらないようにする方法はやっぱり一つしかないわけです。

実例を示す

そういうニーズに応えるサイトがあります。
パンフレットデザイン.jp

パンフレットデザイン.jp

自社でパンフレットを考える際には参考になるかも。

ちょっと現時点でのこのブログを総括してみた

1. ブラザーの複合プリンタMYMIO MFC-830CLNで「クリーニングできません」とエラーが出てしまったときの対処法

2. GOOGLE MAPS APIのズームコントロールや吹き出しの表示崩れを直す

3. IPHONEから新しいITUNE(PC)へ音楽データをコピーする『I-FUNBOX』

4. 第17回 人間塩出し昆布マラソン大会で優勝しました

5. トップページ

これはここ1ヵ月のこのブログのアクセスランキングです。
アクセス数を自慢できるようなブログじゃありませんが、こうして総括してみるとサイトのあるべき姿が垣間見えてきます。

・トップページよりも個別記事の方がアクセスが高い
 これは良い事ですね。検索エンジンのところでしっかりと記事の内容がユーザに届いている証拠です。
・かなりコアな情報が上位
 このブログ 結構ページ数あるんですよ。でもその中でかなりコアな情報が上位に来ているというのは、注目して良いと思います。
・「困った」の解決が上位
 たとえその「困った」ことがどんなに些細でも、その同じ「困った」に直面して途方に暮れている人が世界には自分以外にもたくさんいるもんだ。

今後のブログ記事を書く時の参考にしていこうと思います。

100人のデザイナー

ものづくりの現場において、作り手の数が多ければ多いほど、あるいは作り手側の競争が多ければ多いほど、つくられるものの品質は当然ですが良くなります。また、あるところに仕事がなくて暇している作り手がいるのなら、その人の本来は捨てていた暇な時間を安く買い取る事でものづくりのコストを下げることができます。
クラウドソーシングとはもともとそういった発想からできあがったものですが、IT化成熟期の昨今においても日本ではなかなか浸透しませんでした。
が、ここにきてようやくその流れが活発になってきているようですね。

今日ご紹介するのは、デザインの分野のクラウドソーシングサービス。

「100人のデザイナー」
100人のデザイナー

「100人のデザイナー」では、サイトにも記載がある通り”「コンペ形式」の良い所と「打合せ」の良い所を合わせた制作方法”を取っていて、「打ち合わせをきちんとしたうえで、コンペでたくさんのデザインを見たい」というユーザの声に応える非常に将来の楽しみなサービスです。
複数のデザイナーによる複数の提案をコミット(提案数はホームページで平均4.2 、パンフレットで6.8、ロゴなら15案)していて、しかもよくありがちな「原稿は作りませんのでお客様でご用意ください」ということがなく、原稿作成や企画立案はディレクターが対応してくれます。

結構原稿作りって大変なんですよね。まして提案数も4も5も提案されたら、そりゃまあ、ここに一任しとけばほっといても良いものができるだろう、って想像ができますわな。

「100人のデザイナー」
http://www.100design.jp/

dropboxの共有招待の承認ができない

dropboxでは他ユーザとのフォルダの共有もできます。プロジェクトメンバー同士のフォルダ共有や、海外のエンジニアと共有したこともありました。dropboxの共有は役に立ちますね。もう便利で仕方ないです。

しかしここで注意点があります。

他のユーザーの共有フォルダに参加した場合の自分のアカウント容量の使用状況について
https://www.dropbox.com/help/59/ja

無料アカウントユーザがビジネスアカウントユーザの共有に参加することは事実上不可能です。
理屈としては、ビジネスアカウントの共有容量が無料アカウントの最大容量を超える場合はその共有フォルダに参加できないというもの。まあ当たり前といえば当たり前です。これできたら無料で1TBのクラウドを使うことができちゃうわけですからね。

ということで、無料アカウントユーザがビジネスアカウントユーザの共有フォルダ招待を受けたい場合は、招待側のビジネスアカウントから、自分をビジネスアカウントとして招待してもらうしかなさそうです。
ということは、当然今まで使っているdropboxフォルダは使えなくなります。

無料アカウントユーザは気をつけましょう。

スピーチライターサービス

オバマ大統領や日本のオリンピック招致プレゼンで一般にも広く知られることとなった「スピーチライター」。
でもだいたい聞くのはそういう大物政治家や大企業経営者の演説、大イベントでのプレゼンとか、そういうシーンばかり。
私たち小市民のたまにある小さな舞台ではスピーチライターなんてそんな大げさなもん使うかよ、と思うわけです。
でも、そんな私たちだって、スピーチの舞台というのはかなり気合が入るわけでして、自室に閉じこもっていろいろと思いを巡らせたり、知人や同僚と会話しながらようやく一応の筋の通った原稿っぽいものを作ります。
いざ本番。
話している時は”良いこと言ってる”みたいな自画自賛の陶酔の状態になりますが、話し終わって冷静になると、聞いてる人の大半は眠そうな顔していてすぐにその場を去ってしまうという非情な現実を目の当たりにして愕然としたりします。

できれば、聞いてる人の心に何か一つでも残るようなスピーチはしたいものですよね。
そして、このあたりを解決してくれるサービスは世の中にないものなのか、と思いますよね。

そんな私たち向けの、ステージを少々低めに設定したスピーチライターのサービスがスピーチライター.jpです。

スピーチライター.jp
http://speechwriter.jp

より幅広いスピーチについて対応しているようです。

WordPressの管理画面 で Font Awesome が表示されない件の解決

最近Webフォントを使ってサイトを作ることがあります。とりわけFont Awesomeはアイコンをフォントとして使えるので非常に重宝しています。
ところが、Wordpressの管理画面でそのフォントを見ようとすると、なぜか化けてしまう。
なんでかなー、と調べてみると、やっぱりプラグイン同士の干渉でした。

WP Multibyte Patch

です。
このプラグインを停止しましょう。

「WP Multibyte Patch は、本家版、日本語版 WordPress のマルチバイト文字の取り扱いに関する不具合の累積的修正と強化を行うプラグインです。」
なるほど文字に関する不具合のPatchなんですね。

無効にして解決。

にほんブログ村 IT技術ブログ ソフトウェアへ