その場で撮った写真からすぐに情報を検索できる画像認識エンジン「検索カメラ」

海座は、スマートフォンを使ってその場で撮った写真からすぐに情報を検索できる画像認識エンジン「検索カメラ」をリリースしました。

googlePlayで無料のサンプルアプリケーションを公開しています。

スマートフォンで情報を検索する方法はほぼPCと同じで、googleの入力フォームとかに文字を入力して検索します。
文字の入力方法としては最近は音声入力などが伸びてきていますが、まだまだ指タッチでキーワードを入力している方が多いようです。指で入力といっても文字の入力補助も発達して何文字か入力すればある程度の文字列は自動的に表示されるようにもなってきていますから、それほど面倒な作業ではないのかもしれません。
ただ、できれば指でテキスト入力なんてしたくない、まして長いキーワードとなるとなおさら、、、というのは一般ユーザの共通の願望であることは間違いないですね。

じゃあ何をキーに検索するか?ってことになりますが、スマホにあってPCにないものを使って検索できればそれはつまりスマホフレンドリーな検索手法なわけです。
それはなにか。

カメラ

ですね。

「検索カメラ」はスマートフォンなどでその場で撮った写真をキーに情報を探し出したり、ソフトウェアの次のアクションを起動したりするのに利用できます。
「検索カメラ」の利用用途はさまざまです。御社のアプリケーションなどに連携して新しいサービスを作りませんか?

検索カメラ
http://cirpho.com/intro/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です